ダサくないタイトルにしたい

ドリフェス!が好きなオタクの嗚咽

ドリフェス!への気持ちを整理する

もやもやした気持ちを吐き出すために書きます。すっきりするといいな。


2018年3月5日、ドリフェス!のオタクに衝撃が走った。


ツアーのラストのパシフィコで何も今後の展開についての告知がなかったのはすごく不安だった。
だけど、その後2次元の新しいグッズが出ることも発表されて、まだまだ大丈夫だと思っていた。
アプリもDCDも展開が終了してしまうのは悲しいけど、きっとアプリを新しくするために一度今のアプリをたたむんだろうくらいにしか思っていなかった。配信が始まるまでは。
だって、前にツアーの情報解禁をしたときの配信の前例があったので、きっと今回も同じ感じだろうと考えていた。
本当に大丈夫かな…と思う気持ちがなかった訳じゃないけど、楽観視していた。きっと次も素敵な夢を見せてくれるはずだと。

と思いつつ、気持ちがそわそわしてどうしようもなかったので、仕事が終わって配信が始まるまでの間にtwitterのフォロワーさんにお会いした。
「怖い…」
「…いや、大丈夫…みんなを信じよう」
とお互いに何度も言い合って、躁鬱ジェットコースターだったし、相互介護だった。
少し気持ちが落ち着いたので、フォロワーさんに感謝しながら帰宅して配信を見た。


配信を見て、現実を知ってしまった。


画面に映る7人が、平然を装ってるけど、悲しさとか悔しさとかが滲み出ている気がして、見ていられなかった。
私は悲しくて悲しくてしょうがないのに、涙が出なくてとても辛かった。
自分の気持ちをどうしたらいいのか分からなくて、色んな人のブログやツイートを読み漁った。
配信の翌日は気力が湧かなくて会社を休んでしまったし、なんなら翌々日の今日なんか、会社に行こうと身支度してたら胃が痛くなって動けなくなってしまったので、また休んでしまった。
どうしようもない社会人だなと思っている。
休んでたら会社のドルオタしてる年下ちゃんから心配してくれるLINEがきて嬉しかった。
休んだ事情をこっそり伝えたら理解してくれた。ありがてえ。


悲しいと思いながら、昨日から少しずつアプリを起動して遊んでみたり、1st Liveの円盤を見たりしてて、やっぱりドリフェス!ってコンテンツが大好きだと改めて実感した。
ドリフェス!はとても楽しい!って思いは変わらないし、この気持ちは忘れたくない。
ある方が呟いていた、「今送れるエールは送れるだけたくさん送って、それから武道館に行きましょう」
終わりの時を告げられはしたけど、まだまだ、まだまだドリフェス!は動いている。
まだまだ楽しみ尽くすができる。
悲しいことに目がいきがちだけど、本当に悲しくなるのは全てが終わった後でいいや、って。
今はただ残り時間を全力で楽しみ尽くして、ドリフェス!への愛を叫び続ける、それだけ!!!!!


悲し過ぎてコンテンツに触れるのを躊躇っていたけど、自分のペースでコンテンツに触れていくこと大切だと昨日今日で思った。
アニメやアプリやDCDに触れれば7人が相変わらず輝いていて、頑張っていて元気がもらえる。
ライブの円盤やドリフェス研究室を見れば、格好良くて、楽しそうに歌って踊って、ときにはふざけて笑いあう7人がいる。
私が大好きな14人がそこにはいる。
楽しさや元気をくれて、明日に連れて行ってくれる。それは今も変わらない。
だから、コンテンツに触れて、明日を生きる元気を私は受け取っていきます。

何もしていないと悲しい気持ちが勝ってきてしまうから、なにか楽しいことがないか考えていたんだけど、Real Dream!のアルバムが出たときみたいに、1st Liveの円盤を同時再生して感想をツイートすることがあったらいいなと思っている。
TLのみなさんが同じ時刻に同じものを見て、DearDreamやKUROFUNEについて呟いてるのってきっと楽しい。


「武道館に立つために、今よりもっとステップアップしないといけない」とみぞたくが配信で言っていた。
今までよりもっと、血のにじむような努力がみんなに必要になるんだと思う。
みんなが挫けそうになったときに、支えてくれる人達が周りにたくさんいてほしいと思うし、ほんの少しでも励みになれるような、そんなエールを送れたら良いな。

ドリフェス!を知って人生が変わった人間のはなし

ドリフェス のオタク界隈で「ドリフェスと私」的な作文が流行っているので、私もそれに乗っかってみようと思います。

というのも、ツアーオーラス目前でファスライ円盤も見て、DD最高!KF最高!ドリフェス !最高!の気持ちが高まり過ぎてどうしようもなくなったからです。うまく言葉にできるか分からないけど、どうか、ドリフェス!にDDにKFに出会って、毎日が楽しくてしょうがなくなってしまったオタク女の話を聞いてほしい。これだけのために生まれて初めてブログなんて開設してしまったので…。

   

 

私がドリフェスを知ったのは2016年の夏頃だったように思う。取っ掛かりはアプリだった。

 

もともと友達の影響で某女の子アイドルの洋服着せ替え音ゲーをかじっていて、「女の子だけじゃなくて、男の子も着せ替え出来たら楽しいのになぁ」とずっと考えていた。そんな時、ツイッターの私のTLにアプリのスクショが回ってきた。どうやら、男の子アイドルの服を着せ替えて遊べるらしい。よく見てみると、着せられてる服がマジくそダサかった。本当にダサくて(良い意味で)、なんかめちゃくちゃ面白くないか!?と興味が湧いてきて、アプリを即ダウンロードした。

 

当時の私といえば、新卒から働いてきた会社を次の行き先が決まらないまま辞めた後、何もせず家にずっといる状態だった。馴染めない職場での人間関係に疲れていて、それをずっと引きずっていた。資格を取ろうかと勉強をほんの少しだけしていたくらいで、就活を始める兆しもなかったので本物のニートだった。

 

毎日何をするでもなく、夕方になれば近所に散歩に出掛け、夜になるとCSで野球中継を見る、隠居の爺さんのような私の無職ライフに突如現れたドリフェスアプリ。

遊んでみると物凄く曲が良くて、何度も何度も音ゲーで遊んだ。当時はユレルMIDNIGHTがお気に入りで、CDが欲しいと思い、調べてみるとNEW STAR EVOLUTIONのCDしか出ていなかった。お気に入りのユレルではなかったけど、NSEも好きだったので、すぐにアニメイトにCDを買いに行った。CDにMVメイキング映像が付いていることに買ってから気がついた。どおりで普通のシングルの値段ではなかった訳だ。

 

CDを聞いて、メイキングを見て、アプリのボイスも聞いて、自分より年下の子たちだけど一生懸命頑張っててすごいな、伸び代がありそうだな、と考えていた。

メイキング映像を見ていて、5人のなかでも一番垢抜けてなくて言動がたどたどしかったけど、誰より楽しそうに歌って踊っていた郁くんを目で追っている自分に気が付いた。「もし自分がこのグループを追いかけるようになればこの子を推すんだろうな」とは思ったけど、このときは3次元のDDの存在を知ったくらいで追いかけてはいなかった。

 

その後もたまにアプリで遊んでいたら、とある出版社から荷物が届いていた。

別ジャンル目的で買ったアニメ雑誌のアンケートに答えたら懸賞に当たって、リアルドリカが届いた。これは後から知ったんだけど、5人がDDを結成した直後に手渡しで配っていたドリカと同じものだった。届いた直後は「もうアプリで使えないのに当たってウケる」くらいにしか思っていなかったけど、今思えば運命だったのかなと解釈している。リアルドリカを私にくれて本当にありがとう、某出版社さん…。

 

  

そして2016年の秋になり、遊ぶ金が尽きたところで、私は派遣でとりあえず働きはじめた。同じ頃にドリフェス!のアニメ放送が始まった。

 

アプリで遊んでるしとりあえず、と思ってアニメを見始めたらどはまりした。ストーリーがとても良かったし、使われる曲もとても良かった。声の演技はまだまだなところもあったけど、本職の声優さんにはないような、聞いてて気持ちがまっすぐに伝わってくる演技で私はとても好きだった。

OPの曲が物凄く良かったのでMVを見てみたら、NSEのときより格好良くて垢抜けて個人の技量も少し上がっていて、チームワークが良くなっている5人がいた。なんだかキラキラしていて、MVから目が離せなくて、毎日1回以上は見る日々が続いた。

これはリアルタイムで歌って踊っているところを見たら落ちてしまいそうだな、とソワソワしていたらリスウフなるイベントにDDが出演するらしい。しかもそれを生配信で見せてくれるらしい。3次元のみなさんのことは気になっていたので、見てみることにした。

 

 配信を見たら落ちてしまった。

 

  そこからの行動は本当に早かった。ラジオもドリフェス!研究室も毎週欠かさなくなったし、アミュモバにも課金した。ちょうどストラボでハンサム塾をやっていた頃だったので迷いなくストラボにも課金した。ハンサム塾の新人ハンサムのThis is the time習得の映像なんて何度も何度も見た。激しいダンスを踊る姿が格好良くて。

そのうちハンサムのみなさんにも興味が湧いてきて、アミューズのオタクの友達に色々と教えてもらった。DDだけじゃなくてハンサムのみなさんも好きになった。

 

今まで俳優さんを追いかけたことがなかったので、自分の知らなかった世界がどんどん広がっていくことや、みんなの活躍を見られることが本当に楽しくて、 職場と家との往復しかしていなかった暮らしがキラキラし始めた。

 

イベントがあるなら行きたいし、舞台に出るなら見に行きたい。

アニメとかライブの映像ソフト出るなら買いたい。

でも、それには今の収入じゃキツすぎる。

 

そう思って転職することにした。面接に行く前はよくインフィニティスカイを聞いていた。これでどこにも行く当てがなかったら、嫌な思い出のある曲になってしまうなあと思いながら。当時は自分の将来とかの不安でメンタルが擦り切れそうだったけど、インフィニティスカイは聞いていてすごく前向きになれる曲で、聞いて励まされていたし、勇気をもらっていた。みんなも頑張っているから、私も今の自分にできることをやってみようと思った。

 

なんとか転職も決まって、ドリフェス!のプロジェクトをどんどん追いかけるようになるなかで、友達の友達がドリフェス!を好きなことが分かって仲良くなったり、NSEのダンスバージョンMVを見てダンスの練習をしてみたり、フォロワーさんが声を掛けてくださるようになったりして今に至ります。

   

プロジェクトを追いかけて感じたのは、キャストのみなさんも、スタッフのみなさんも、ファンのみなさんもとても楽しそうにしていることです。プロジェクトに関わる全ての人が楽しそうにしてるって、素敵なことだとつくづく思います。

  

ドリフェス!のことが本当に好きだよ。

 

なんか思うがままに書いてたら、ものすごく重たすぎる内容になってしまった。

恥ずかしくていたたまれなくなったら記事を下げよう…。